日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

女人禁制の小嶽山にある神社の元宮へといった(その②最終回) 福岡県北九州市若松区大字小竹

前回の記事のつづきです。

 

山自体が神体山である小嶽山にある白山神社の元宮へいくこととなりました。その理由は、山中で奇怪なことがおこったという伝承があるということ、昔は神事がさかんにおこなわれていたということ…この二つのいわれを知り、白山神社元宮があるという小嶽山山頂はどんな感じの場所なのかいってみたいと思ったからです。

 

白山神社本殿のそばにある、元宮へとつづく参道入り口です。鳥居がたっています。

f:id:regenerationderhydra:20201003093513j:plain

場所:福岡県北九州市若松区大字小竹

座標値:33.912808,130.745995

 

鳥居をくぐって、クモの巣をスティックではらいながら、プラスチック製の階段を山頂までひたすらにのぼっていきます。雑草がきれいにはらわれており、以前きたときと比較し登りやすくなっているように感じます。

f:id:regenerationderhydra:20201003101156j:plain

途中、おおきな倒木により参道がふさがれていますが、迂回してのぼることができます。

 

鳥居から10分弱のぼりつづけたら、山頂にある白山神社元宮がみえてきました↓

f:id:regenerationderhydra:20201003101818j:plain



座標値:33.913342,130.747390

 

小嶽山山頂には、小さな広場となっており、広場には石祠だけがまつられており、そのほかはなにもありません。

f:id:regenerationderhydra:20201003102058j:plain

石祠に向かって右側面に文字がかかれています。それ以外の場所には文字などはみられませんでした。

f:id:regenerationderhydra:20201003102231j:plain

石祠には、昭和六十三年五月吉日、九州電力株式会社、宮司 中山正威、そして氏子とおもわれるかたがたの名が刻まれていました。九州電力の名があるのは、この小嶽山山頂に、ちょうど電線を通すための鉄塔がたてられているためと考えられます。

f:id:regenerationderhydra:20201003103226j:plain

f:id:regenerationderhydra:20201003092750j:plain

山全体のふんいきとともに、とても印象深い白山神社元宮でした。