日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

子どもを抱く観音像 大分県杵築市大田波多方

庚申塔をさがしていたとき、みちばたでたまたま見つけることができた石仏です。

f:id:regenerationderhydra:20201002212049j:plain

場所:大分県杵築市大田波多方

座標値:33.476545,131.559275

 

木製の祠にまつられている石仏で、ほほえみをたたえた観音様のような印象です。左手で小さな子どもをだっこしており、右手は施無畏印(せむいいん)をあらわしています。施無畏印は、「右手を上げて衆生の畏れを去らせ」る意味をあらわしているそうです参照

f:id:regenerationderhydra:20201002213123j:plain

このあたりの集落のかたが、昔、つくったものと考えられます。子どもをだいている姿から、子育てに関する願いがこめられた石仏なのか、亡くなった子を供養するためにつくられた石仏なのか…と想像しましたが、詳細はわかりません。