日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

貴布祢神社の猿田彦大神 福岡県北九州市小倉南区西水町

北九州市小倉南区の西水町という地区にある貴布祢神社。この神社の本殿裏側に庚申塔がまつられていました。

f:id:regenerationderhydra:20200906111822j:plain

この貴布祢神社は住宅密集地内で、日田彦山線沿いに祀られています。↓下の衛星写真は小倉南区西水町をしめしたものです。赤丸でしめした箇所が貴布祢神社です。住宅街のなかに、ぽつんと緑がこんもりとしておりオアシスのようです。

f:id:regenerationderhydra:20200906112533j:plain

↓貴布祢神社の拝殿を左側からまわりこみ、本殿の裏側へと歩を進めます。

f:id:regenerationderhydra:20200906113029j:plain

樹の根もとに猿田彦大神と刻まれた庚申塔がまつられていました↓

f:id:regenerationderhydra:20200906113352j:plain

場所:福岡県北九州市小倉南区西水町

座標値:33.851577,130.892400

 

猿田彦大神という文字にむかって右側に文政七年、左側に申 二月吉日と刻まれています。文政七年は西暦1824年で、干支は甲申(きのえさる)です。

f:id:regenerationderhydra:20200906113432j:plain

f:id:regenerationderhydra:20200906114028j:plain