日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

江戸期 11基の石仏 福岡県豊前市大字岩屋

場所:福岡県豊前市大字岩屋
座標値:33.556133,131.059109

岩洞窟 江戸期の11体の石仏 福岡県豊前市大字岩屋

江戸期 11体の石仏

豊前市の「岩屋」という地名の場所にある岩洞窟には木造 薬師堂があります。薬師堂の周囲には石造りの五輪塔、宝塔のほかに上の写真のような石仏が11基まつられています。

 

これら11基の石仏の台座には”安政”や”文久”の銘が刻まれていて、江戸期につくられたことがわかります。

毎年5月には、岩洞窟内の薬師堂前で花祭りが開かれるそうです(参照:『新京築風土記(山内公二著)』P.253)花祭りでは、この薬師堂の扉がひらかれ、僧侶の読経のあと、お接待や餅まきがおこなわれるといいます。

岩洞窟 薬師堂

岩洞窟 薬師堂

求菩提資料館で、2020年7月5日まで開催されている「第9回ふるさと写真コンクール」入賞・入選作展示会では、花祭りの様子がおさめられている写真も展示されていました。

 

その写真では、なにかが参加者にまかれている様子がうつされていましたが、まかれているものは餅だったんだと、『新京築風土記(山内公二著)』P.253を読んではじめて知りました。