日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

夕陽をうけるガーベラの花弁

ガーベラ。以前、花屋さんで買ってきたガーベラが美しく花を咲かせていました。日本での花期は4月~9月ごろなのだそうです参照。冬など地上部が花にとって厳しい気候の場合は、地上部は枯れてしまい、根っこ部分だけが生き残る宿根草という種類に分類されるそうです。

 

植物界
被子植物
真正双子葉類
キク類
キキョウ類
キク目
キク科
ムティシア亜科
ムティシア連
ガーベラ属

ガーベラ

ガーベラ

ピンク色のガーベラの花言葉に「崇高美」があります。その花言葉どおり、つややかな花弁に気高さがただよいます。花弁が水でぬれていることもありますが、それを抜きにしても、花びらに少し光沢があるように感じます。その光沢が花の美しさにみがきをかけているようです。

夕暮れの光をうけるガーベラの花弁

夕暮れの光をうけるガーベラの花弁

上の写真だと、夕陽が右側に位置するよう花の向きをかえました。右側から淡い陽がさし、花弁が淡い光をうけられ、その光がカメラに反射するように位置調整をすると、花弁のみずみずしさがよく感じられました。