日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

新鮮なイカが食べられる穴場の食事処『おおしき』 福岡県遠賀郡岡垣町

 福岡県の遠賀郡や宗像市では、玄界灘で獲れる新鮮な魚介類を、比較的安くおいしく食べられるお店がおおいです。そのなかでも、おいしいイカ料理をだしてくれる穴場のお店「おおしき」を、今回はご紹介します。

 

  

「おおしき」の場所

場所:福岡県遠賀郡岡垣町大字内浦5-1

座標値:33.875747,130.578537

 

福岡県遠賀郡の岡垣町や、宗像市の神湊は魚介類の宝庫です。とくにおいしい新鮮なイカが玄界灘(げんかいなだ)で獲れる場所です。福岡県宗像市の神湊(こうのみなと)の漁場は、かの有名なイカの名産地、佐賀県の呼子(よぶこ)と同じ漁場である玄界灘です。波のあらい玄界灘の身が引き締まった魚介類があがってきます。

「おおしき」は、そんな玄界灘のすぐ近くにある岡垣町の和食料理屋さんです。周囲にも新鮮な魚介類がたべられる料理屋さんがたくさんあり、店内にはいる前から料理のおいしさに期待がもてそうです。

 

 「おおしき」ではイカの活造り膳(¥2500)がおすすめ

イカ好きであれば、たくさんある「おおしき」のメニューのなかでも『イカの活造り膳』がおすすめです。イカをおもうぞんぶん食べることができます。

おおしきの『イカの活造り膳』 福岡県遠賀郡岡垣町

イカの活造り膳

イカの活造り膳では写真の料理のほかに、イカの下足(ゲソ)を、塩焼きか天ぷらかにしてだしてくれます。塩焼きにしてもらうよう頼みました。膳がでた数分後にゲソの塩焼きがでてきました。

ゲソは塩焼きにしても、とてもやわらかく、イカのうまみがギュッと凝縮されています。とてもおいしいです。

 

そしてイカの刺身の、この美しさ。歯ごたえがとてもあり、噛むとコリコリとしてイカの甘みがでてきます。新鮮ではないイカにありがちなヌメヌメ感はありません。イカ好きにはたまりません。

どうしてこんな新鮮なイカが食べられるのでしょう?それもそのはず。お店の入口ちかくに2つの大きな水槽があり、ここでイカが元気に泳ぎ回っていました。ここから料理直前にひきあげられるのでしょうね。

 

じゅうぶんな量のイカを食べることができました。

 

他のメニュー紹介

イカ活造り膳のほかに、刺身膳(¥1300)、天ぷら膳(¥1100)、マグロ山かけ丼セット(¥1200)などなどたくさんの膳ものがそろっています。

そしてイカを堪能したい方のためにイカ活造り(¥1800より)。そしてサザエ刺しやつぼ焼き(¥1200)など、魚介類を一品ずつだしてくれる活造りものもあります。

さらに釜飯も…

コース料理やお子様ランチなんかもあります。

 

てごろな値段で新鮮な魚介類がたべられる

 ↓こちらは『おまかせ膳』(¥2000)ですが、他のお店だったらもっと値段はするのではないかと思います。

右上に写っている鍋のなかみはこちら↓です。これだけの食がそろって、たったの2000円です。

けっこうな量がありますので、おとなの男性でも満足できます。

 

店内はひろびろ ゆったり食べられる

店内はとても広く、中央にテーブル席があって、テーブル席をL字型に囲うように座敷があります。座敷ひとつひとつに障子がついているので、まわりの目が気になりません。

 

ちいさい子どもがいても安心ですね。小さい子は食事のとちゅうで、眠たくなることがあるので、そんなときは横になることもできます。大人はその間、ゆっくりと食事をたのしめます。 

 

営業時間

11:00~15:00

17:00~21:00

 

まとめ

福岡県北部で、おいしいイカ料理をたべたいときは、『おおしき』が穴場です。たくさんのお客さんがいるわけではないので、予約なしでも豪華な食事ができます。

 

ただ漁の状況によっては、イカが食べられない場合もあるので、イカを食べたいときは事前に電話で確認したほうがよさそうです。以前に「おおしき」を訪ねたときは、イカが獲れていなくて食べられなかったことがあります。