日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

公民館横に鳥居と並んで祀られる庚申塔 福岡県遠賀郡山鹿

『増補改訂 芦屋町誌』P690-691に、福岡県遠賀郡芦屋町にある石造物の一覧が紹介されていました。その中に、庚申塔についての紹介もありましたので、ひとつひとつ巡っています。

 

今回ご紹介する庚申塔は、芦屋の万町という地区にある庚申塔です。

f:id:regenerationderhydra:20190824173406j:plain

万町公民館前に祀られる庚申塔

場所:福岡県芦屋町山鹿 万町公民館前

座標値:33.898868,130.666663

 

万町公民館の前に、小さな鳥居とともに庚申塔が祀られていました。庚申塔の正面には「猿田彦大神」と刻まれています。

f:id:regenerationderhydra:20190824174132j:plain

大きな岩を土台として、土台の上に庚申塔が乗せられているようです。土台と庚申塔のすきまは、コンクリートで補強されています。

 

庚申塔の裏側には「天保十五年辰正月吉日」「万町中」と刻まれているようです。

f:id:regenerationderhydra:20190824174656j:plain

庚申塔裏面に刻まれる銘

天保15年は1844年で、その年の干支(かんし)は甲辰(きのえたつ)です。「甲辰」の「辰」部分だけ銘に刻まれているようです。

 

福岡県遠賀郡には、まだまだ、古い石造物が各所に祀られているようです。