日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

廃寺の裏手にあったお不動様 福岡県遠賀郡岡垣町黒山

福岡県遠賀郡岡垣町の西黒山という地区に、春日神社というお宮があります。ここに、下の写真のような、大きな石塔が祀られています(写真の一番右側)。石塔は風化し、表面の文字にはなにも刻まれていないようにも見えます。しかし、この石塔は不動明王様として、むかしこの地区の別の場所で祀られていたものです。

場所:福岡県遠賀郡岡垣町大字黒山 春日神社境内

座標値:33.8671819,130.6226692

 

このお不動様は、むかし千手寺というお寺の北側に祀られていて、その後、千手寺は廃寺となり、千手寺跡に建てられた岩崎真澄氏宅の北側に位置することとなりました。さらに、岩崎真澄氏宅が別の場所に移動したあと、このお不動様も春日神社境内へと移動されました。

 

参照:

『増補改訂版 岡垣小史』P218

 

参考する記事:

不思議な運命をたどった鐘はもともと どこにあった? ①/②

不思議な運命をたどった鐘はもともと どこにあった? ②/②

福岡県で625年前につくられた鐘が広島県にあるため訪ねた