日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

須賀神社への道標 福岡県中間市

福岡県中間市の岩瀬という地区にある須賀神社。この須賀神社への道標となる石碑が、岩瀬祇園橋のたもとに建てられていました。(参照:『なかま』P12(中間市歴史民俗資料館))。

場所:福岡県中間市岩瀬西町

座標値:33.834120,130.703427

 

石碑には『今井津本社 須賀宮 従是東二町』とのみ刻まれていました。「従是」…は「これより」と読み、「二町」は一町が約109mなので二町は約218mです。よって、「この石碑より東側220mほどのところに、今井津本社の須賀宮がありますよ」ということが示されていることがわかります。

 

実際にGoogle mapで計測してみると、そのとおり、この石碑から210mほどの距離に須賀神社の参道入口が位置しました。

 

この写真を撮ったのが、2019年8月4日(日)で、その前日8月3日(土)にこの場所を訪れたとき、雑草がぼうぼうで石碑が雑草にかくれてしまっていました。

 

草刈りをしていただいたおかげで、石碑の全容をみることができました。

f:id:regenerationderhydra:20190805204210j:plain

石碑には建立年月は刻まれておらず、いつごろ造られたものなのかは不明です。