日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

夕暮れどきの不思議な光のスジ 福岡県北九州市若松区

2019年8月2日、19時40分頃。西の空に↓このような光のスジが何本も見えました。

この現象をみることができたのが、これまでの人生で2回目です。1回目は4年前で、2015年7月25日のことです。そのときは、大分県豊後高田市にすんでいたときで、東の空に、このような現象をみることができました。

f:id:regenerationderhydra:20190802210935j:plain

2015年7月25日 大分県豊後高田市呉崎にて

2015年のときに、このような現象がどうしておきるのか調べてみました。このスジは雲の影のようです。水平線に太陽が沈み、かつ、水平線近くに”かなとこ雲”が発生したときに、その”かなとこ雲”の影が、このような直線となって空を横断するようなのです。

f:id:regenerationderhydra:20190802211332j:plain

かなとこ雲

豊後高田市のときには西側に周防灘が広がっており、今回の北九州市のときには西側に響灘が広がっています。どちらも日が沈む西側に海が広がっているという点と、かなとこ雲が発生しやすい暑い時期であるという点、さらに陽が沈んだ直後であったという点が共通点でした。

とても幻想的な景色です。