日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

楓葉の滝(かえでのたき) 大分県天ヶ瀬女子畑

場所:大分県日田市天瀬町女子畑

座標値:33.285467,130.993278


f:id:regenerationderhydra:20190504140233j:image

 

日田の天ヶ瀬(あまがせ)には、たびたび足を運ぶことがあるのですが、こんな場所に、こんな立派な滝があるとは知りませんでした。水の流れがいく筋にも分かれ、美しい簾(すだれ)のようです。

 

「楓葉の滝」と書いて「かえでのたき」と呼びます。大分県の日田市から玖珠郡(くすぐん)へとのびる国道210号線沿いにあります。


f:id:regenerationderhydra:20190504140946j:image

210号線を走っていると、道路脇に「楓葉の滝」と書かれた小さな看板が出ています。注意深く見ていなければ見逃してしまいそうなほど、小さな看板です。

 

看板の表示に従い、210号線から脇道へ進み、5分ほど車を進ませると右側に「楓葉の滝」が見えてきます。


f:id:regenerationderhydra:20190504141419j:image

滝を上から見おろす形となります。滝壺へとおりていく道などはないようです。駐車場などはないので、道路脇に車を停めて、滝を見おろせるベストポジションに三脚を立てます。


f:id:regenerationderhydra:20190504141635j:image

三脚を立てる場所もなく、アスファルトの道路脇に三脚を立てるしかありません。幸い、ほとんど車は通りません。万が一、車が通ったとき邪魔にならないよう、三脚は道路の隅に立てました。

 

道路から滝までの距離は、およそ100mはあると思われます。わたしは200mmの望遠レンズを使用して、滝を撮りました。

 

滝全体を撮るならば、標準レンズが適当かもしれません。広角レンズだと滝が遠すぎて、小さく写ってしまうと思います。

 

国道210号線は玖珠川(くすがわ)に沿って走っているため、数々の小さな川が玖珠川へ合流します。そのためか、いくつかの美しい滝を、道路沿いに見ることができます。

 

・慈恩の滝

・観音の滝

・楓葉の滝

・桜滝

 

わたしが確認できたのは、この4滝です。もしかしたら、他にもあるのかもしれません。