日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

神楽(かぐら)の厳かな雰囲気を写真におさめるには

2019年5月3日に、大分県玖珠郡(くすぐん)玖珠町の古後(こご)という場所へ行きました。ここの下河内大神宮という小さなお宮で、神楽(かぐら)が舞われたからです。
f:id:regenerationderhydra:20190504044345j:image

場所:大分県玖珠郡玖珠町古後

 

この神社では、毎年、5月3日に神楽が舞われるそうです。年によっては神楽の日にちがズレることもあります。昨年は5月2日に舞われ、3日と思っていったときには、すでに神楽は終わっており悲しい思いをしました。


f:id:regenerationderhydra:20190504045100j:image

今年は確かな情報を事前に得ることができており、拝観することができました。


f:id:regenerationderhydra:20190504045509j:image

古後神楽は夜の7時30分頃から舞われるため、あたりはすっかり暗くなっています。こういう場合、動きの激しい舞をどのようにして撮るのか…

 

夜に開催される祭りを撮るときには、いつも、ブレに悩まされます。

f:id:regenerationderhydra:20190504050125j:image

今回の神楽では、標準レンズではなく、望遠レンズ(200mm)を使ってみました。iso感度は3200。

 

神楽のように、シャッターチャンスを逃したくないような場面では、わたしはプログラムオートに設定していました。しかしそれだと、単なる記録写真のような…「無難」な写真をいつも撮ってしまっています。


f:id:regenerationderhydra:20190504050943j:image

今回は、あえてマニュアルモードや、シャッタースピード優先モードなど、いろいろな設定を試してみました。

 

しっかりと被写体を細部まで撮さず、あえて陰影をつけて撮ってみるのも悪くないのでは…という感覚を得ることができました。


f:id:regenerationderhydra:20190504051116j:image

「○○のような場面では、△△のような設定が良い」という意識からちょっと離れて、自分なりの方法で試行錯誤したのは、写真を撮る意欲を取り戻す、良い機会となりました。


f:id:regenerationderhydra:20190504052138j:image