日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

Amazon Kindle unlimitedに登録して良かったこと 不満に思ったこと

わたしがアマゾンの電子書籍をKindle(キンドル)ストアで買い始めたのが、2013年の1月。いつでも、どこでも空いている時間に本を読みたいという思いから、電子書籍を購入しはじめたのですが、2019年現在で、もう6年になっていました。

 

Kindleの電子書籍は、Kindleのアプリを使えばスマートホンでも読めるのですが、最近、音声読み上げができることを知ってから、ほとんどの書籍を音声で聴いています。

 

そうすると、飛躍的に本を読める(聴ける)機会がふえ、購入済の電子書籍だけではものたりなくなってきました。そこで、以前から気になっていた読み放題サービスであるKindle unlimited(アンリミテッド)を調べてみることにしました。満足のいくサービス内容なのでしょうか?

 

月額980円…ちょっと高い。でも登録して1か月間は無料。「1か月のあいだでサービスに不満だったらほんとうに、すぐに退会できるの?」「わたしの読みたい本があまりないのでは?」などの不安もありつつ、ものは試しと2018年12月、unlimitedに登録することにしました。

 

約2か月利用した結果は…とても満足しています。あくまでも12月の初旬から2月初旬までの約2か月間の感想です。約2か月で雑誌や写真集も含めて206冊の本を利用させていただきました。以下、良かったこと、不満に思ったことをまとめてみます。

 

利用して良かったこと

・個人出版の写真集を読める

有名な写真家さんの写真集ではなく、プロではないかたの写真集がたくさんunlimitedでは出版されています。わたしもカメラ好きなので、他のかたがどんな写真を、どんな視点でまとめて本にしているのか興味があります。いくら写真好きでも、知らないかたの写真集をお金をだしてまで購入できるか…といったら、なかなかできません。でも「読み放題対象だったら」と、気軽に読めるのはありがたいです。こちらの個人出版の写真集は、「わたしもこんな写真を撮ってみたいな」と思える写真がたくさん紹介されていました。 

 

自然との語らい: 心の宝 (写真集)

 

・ラジオ感覚で本が聴ける

とにかくこれが大きいです。通勤時間や家事の時間など、「なんだか無駄だな」と思う隙間時間に本が聴けるのが、ありがたいです。

 

・ふだん手に取らない本を気軽に読める

実はunlimitedでは「これが読みたい!」と思える本は、予想していたよりも少ないのですが、おもしろそうだと思える本を片端から読んでいると、ヒットする本はなぜか定期的にでてきます。例えばこのような本です。詳しいことはわかりませんが、Amazonはたくさんの人に高評価である本を、一定期間ごとにunlimited対象本にしているのかもしれません。

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 

 

 

あした死んでもいい片づけ 実践!

 

・電子書籍出版の解説書が豊富

電子書籍を出版したいと思っているかたにとっては、関連本がたくさんunlimited対象本となっています。わたしもこれらの本を読みながら、Kindleで電子書籍を出版できました。

 

これに関連して、「必要な情報だけまとめられている本が読める」というのも、良かったことのひとつだと思います。Kindleの電子書籍出版は文字数の制約がないので、少ない文字数でも出版が可能です。例えばこちらの本は、紙のページ数に換算すると(たった)37ページですが、必要十分なことを短時間で読むことができました。出版に自信がないわたしにモチベーションを与えてくれた本です。 

 

アマゾンkindle出版がなかなかできないあなたへ

 

利用して不満に思ったこと

・古書や専門書が少ない

わたしが本屋さんで探すのは、趣味としている郷土・歴史に関する本や、仕事に関わる専門書が主です。unlimited対象本は、このあたりをカバーする本は少ない印象を受けます。

 

・雑誌が読みにくい

これは完全に、わたし個人の問題です。スマートホンとKindle paperwhiteしか、わたしは端末を持っていません。画像の大きい雑誌をスマホで読むときは、【拡大→スライド】しながらなので、かなり読みにくいです。そのため雑誌は、unlimitedではほとんど読んでいません。

 

・読みたい本をみつけにくい

Amazonの検索窓からunlimited対象本のみを探し出すことはでき、とても効率的ではあります。しかし書店の本棚のように、手に取ってパラパラとページをめくって内容を吟味することができません。わたしにとって、おもしろい本かどうかを確認するには、いちどダウンロードしてから、実際に目を通すしかありません。それが少し手間といえば手間です。

 

 まとめ

Kindle unlimitedは「こんなかたにおススメなのではないか」というのをまとめさせていただくと…

 

・質よりも量で本を読みたい

(・ラジオ感覚で本を聴きたい)

・図書館代わりに電子書籍を利用したい

・幅広いジャンルの本を試読したい

・気軽に個人出版の本を読みたい

・電子書籍で本を出版したい

 

kindleを読み上げる機能については「kindle 読み上げ」というキーワードで検索すると、たくさん設定方法がでてきます。わたしは「TalkBack(トークバック)」というアプリを使用しています。