日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

若戸大橋ライトアップ始まる 2018.12.2から

f:id:regenerationderhydra:20181116203256j:image

北九州市の若松区と戸畑区を結ぶ若戸大橋が2018年の12月2日から、毎日ライトアップされるそうです。これは、12月1日から橋の通行料が無料になることに伴ってのことだそうです。

 

大橋のライトアップは、2013年の市制50周年記念の際に行われて以来5年ぶり。12月1日は午後4時50分から戸畑区で点灯式典を行う。翌2日からは毎日、日没から午後10時まで点灯する(2018/11/16付 西日本新聞朝刊

 

若松区の高塔山から眺める若戸大橋も美しく、そして、橋の下から眺める姿もまた美しいです。


f:id:regenerationderhydra:20181116205638j:image

三脚を使用し、長時間露光で明るめに若戸大橋を撮ると、暗い空をバックに赤い橋が浮かび上がります。

f:id:regenerationderhydra:20181116205741j:image

ライトアップのための試験点灯が、11月15日にされたそうです。その写真を拝見すると、暗闇の中に、鮮やかに赤い橋を見ることができます。

 

ライトアップされた若戸大橋はどのような印象なのか、はやく実際に見てみたいです。f:id:regenerationderhydra:20181116205808j:image