日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

畑貯水池のほとり 庚申祭神 北九州市八幡西区畑

場所:福岡県北九州市八幡西区畑

座標値:33.8106383,130.7653371

庚申祭神と刻まれた庚申塔です。庚申祭神の文字に向かって右側に明和三年と刻まれるのはわかりました。明和三年は西暦1766年、干支は丙戌(ひのえいぬ)です。

しかし庚申祭神の文字に向って左側になにか文字が刻まれていますが、判別はできません。かろうじて「中?」という文字が見えます。

この庚申塔も「八幡西区畑・小嶺地区の史跡等」こちらのサイトで知ることができました。

鯉料理を食べることができる杣(そま)という料理屋さんの近く、消防用貯水槽の奥に庚申祭神の石塔は祀られていました。