日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

北九州市若松区の祭り 「おえべっさん」に行ってみた

小学生のころにかすかに行った記憶がある「おえべっさん」。2016年12月2日から4日まで開催されていることをたまたま知って、いってみることにしました。かなりの人がいた覚えがあったので、まだ足元のおぼつかない子どもと一緒にいくのは、ちょっと勇気がいりました。

 

そうだそうだ、こんな感じで若戸大橋のすぐそばであってた記憶が…。夏に開催されるおえべっさんは、たしか花火もあがってました。

4月2~4日(春季)
12月2~4日(秋季)
1月9日~11日(十日えびす)
…と年に3回も開催されてるんですね。

 

若戸大橋のすぐ下を走っている国道495号線から恵比須神社にかけて露店がたちならんでます。

 

恵比須神社の場所:福岡県北九州市若松区浜町1丁目1−2−37

「おえべっさん」として親しまれる「若松えびす祭 春季大祭(4月2~4日)・秋季大祭(12月2~4日)」は、商売繁盛、海上安全、家内安全を祈る祭りとして、毎年多くの参詣者が訪れます。

 

祭りの3日間は200~250軒の露店が沿道に並び、街の軒々にはご神燈「鯛提灯」2,000燈が、そして境内には300燈の大提灯がゆれ、街や境内を幻想的に照らしだします。(若松えびす祭 - 北九州市

 

 

恵比須神社(えびすじんじゃ)が目的地。若戸大橋の下に着いたのは、まだ18時ごろだったので比較的ひとは少なくて歩きやすかったです。周囲の駐車場も空きが目立っていました。

 

-------------------------------------

駐車場はどこにする?

私たち家族は、車でおえべっさんへ行ったのですが、おえべっさん自体には無料駐車場などはありません。そこで周辺にあるコインパーキングに停めることになりました。どこがいいか?

 

ぐるぐると周った結果、若松恵比須神社からはちょっと遠いけれど、「ベイサイドプラザ若松ANNEX」というビルの有料駐車場に停めることにしました。たしか周囲のコインパーキングと比較して駐車料金が安かったと思います。

 

ベイサイドプラザ若松ANNEXの場所

福岡県北九州市若松区本町2丁目17−1(google map)

 

この駐車場からだと、歩いて恵比須神社までは10分程度です。祭りに人が集まる時間帯となり車の通りが多くなっても、これだけ会場から離れていれば車の出し入れもストレスなく行なえます。

 

もうひとつ、こちらの「むつみパーキング」が60分100円と比較的安価です。恵比須神社からも徒歩で6分ほどと近いです。しかし夜の7時や8時になると混雑していた印象があります。場合によっては満車で停められない可能性もあります。

 

むつみパーキングの場所

福岡県北九州市若松区本町2丁目10(google map

-------------------------------------

 

お面の露店なんて久しぶりに見ました。大分県の小さな祭りでは、なかなか見られなかったんです。

目的地の恵比須神社に到着。境内にもいっぱいの露店。おでん、うどんののぼりも立ってたので後で食べようということに。まずは恵比須さまに参拝を。

これが境内にある300個の大提灯↓

 

恵比須神社に祀られるのは文字通りえびすさま。幸福と財宝と長寿をさずけてくださるそうです。ここでお参り。

参拝後は境内にあるお店でおでん(一個100円)、うどん(350円)を食べました。寒い屋外で食べるあったかいおでんは格別においしい。

祭りのときはかならずイカ焼きは食べないと(400円)。

↓こちらはタレじゃなくて塩味のイカ焼き(400円)。

帰るころの19時30分ころには、人の数が多くなってて道は混雑。小さい子どもは歩くと危なかったので抱きながら帰りました。

 

「おえべっさん」は今日(2016年12月4日)までやってるそうですよ。