日々の”楽しい”をみつけるブログ

福岡県在住。各地の史跡巡りが好きで、九州北部を中心にNikon D750をメイン機として史跡を撮っています。詳しい撮影場所は各記事に座標値として載せていますので、座標値をGoogle MapやWEB版地理院地図の検索窓にコピペして検索すると、ピンポイントで撮影場所が表示されます。参考にされてください。

玖珠町 立羽田(たちはた)の庚申塔(こうしんとう)

この庚申塔(こうしんとう)は

ずいぶんシンプルな形です。

自然石がそのままつかわれてて

表には「猿田彦」とだけ文字が

刻まれてます。

立羽田(たちはた)という集落の

いりぐち付近に祀られていて、

外からの害悪から集落をまもっているようです。

 

ここは大分県玖珠郡玖珠町古後。

いわゆる立羽田の景とよばれる

景勝地のすぐ近くです。

 

場所:大分県玖珠郡玖珠町古後立羽
現在地から立羽田の庚申塔Google マップ

紅葉時期の立羽田はこんな感じ↑

 

県道43号線を展望台がわりに

道路からこの絶景がみれるんですが、

その43号線から脇道を100mていど

くだったところに庚申塔はあります。

草にうもれて見過ごしてしまいそう。

石灯籠?それとも五輪塔?…といっしょに

祀られてます。石に丸い穴があいてるので

たぶん石灯籠でしょうね。

このあたり山が深くて、そして緑も深い。